読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dota2ウルトラお得情報

seirichuu http://150.95.137.1/dokuwiki/doku.php

一年間で2k-4.5kにあがったひとのはなし reddit

さいきん

  • DreadがHellRasersを抜けた
    • 残ってるのは goddam afoninje shachlo
  • Naviが解散
    • navi自体はdota2チームをまた再編する気はあるみたいです そのうち発表があるらしいです

2k to 4.5k mmr over the course of about a year. Journey + advice

ちょくちょくredditに上がってくるタイプの記事です。MMR系はなんか読みたくなっちゃいます。
ぶっちゃけるとmuteしろ、強いヒーロー練習してspamしろってことです。あとサブ垢にはmid譲る。よくあるやつです。
後半適当です
https://www.reddit.com/r/DotA2/comments/3ot6qd/2k_to_45k_mmr_over_the_course_of_about_a_year/

一年前からはじめて1800から4500まで上り詰めました。それらを振り返るよ、あといくつかのアドバイス

最初のMMRは1800とか1900くらい、大体一年前頃の話で3kになろうと目標をきめてdotaはじめた。3kになった後はランダムしたりでMMRを気にせずプレイしていたが、やってるうちにまだまだ上手くなれると感じてrankedがんばった。
んでたくさんマッチして、TI見に行ったりヒーロープールをメタにあわせたりしながら今は4.5kにまでなることができた。

4~4.5kでプレイするなかで私が学んだ一番大事なこと

味方にあなたのプレイを責めるやつがいたらすぐにそいつをmuteすることだ。だいたいmuteするほうが自分はうまくプレイできることがわかったし、また他の人から見ても責められているときに自分に落ち度はあるが、100%一人だけが悪いという状況はそこまでなかった。また、4~4.5kでマッチングした人々は周りの人がいうほどひどいプレイヤーばかりということはなかった。殆どの人はすごい冷静だった、がこれはクソ野郎どもを全員muteすることによって成り立った環境なのだろうとも思う。

pick phaseでの心構えも大きく変わった

3k後半でプレイしているときは、midかsafelaneに行こうとしたし、何があってもサポートしていなかった。その後4kに到達した後はレーンでの相手が自分と同じまたは強い場合が多かったので、ここからはmid safelaneをプレイしなくてもmmrを上げていくことが出来るだろうと考えるようになった。roaming support(sb,tusk,es)などをプレイしたときとmid/safeをプレイしたときの勝率は同じくらいとなった。

smurfingとのマッチングが多い

またこのあたりで重要な事は、5k-6kのサブアカウントは大体4kあたりでマッチングすることが多く、また彼らはレーン相手をボコボコにしsnowballし試合を支配することが多いということだろう。味方に居るかもしれないし、相手に居るかもしれない。味方にsmurfingが居て、midに行きたいと主張しているばあいは彼らにmidを譲る。そしたら大体彼らが試合の流れを支配することが多いし、またそのプレイヤーがただのmid行きたいだけの普通のアカウントもあるが、まあまあそれでも敗北確定というわけではないしいいだろう。

pick pool

midヒーロープールをまず増やすために leshrac と storm 練習した。leshはすげーつよかったからすごい使ってた。Stormは即ピックすることはほとんどなく、相手がStorm止めれない時にpickしてた。
最近はSF。pickはやめにしてmekからSnY買うことがだいたい。早めにチームで5manであたれるように。Embreはごくごくまれに、相手が捕まえられない状況で、シージが弱く、こちらのチームにphysicalが足りていない時。

ゲームプレイスタイルで一番大きく変わったのは、レーンウェーブの間にできるだけジャングルに行く用意になった。最適なタイミングについては詳細は知らないが、まあまあだいたいいい感じにファームはやくなった