読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dota2ウルトラお得情報

seirichuu http://150.95.137.1/dokuwiki/doku.php

OGのmajor終わった後のインタビューみたいな奴 joindota

選手・チーム

さいきん

  • SUMMITの投票枠がなくなる?

OGの majorおわったあとのインタビューみたいなの

元の : http://www.joindota.com/en/news/33737-what-did-og-say-in-the-post-grand-finals-press-conference-well-tell-you
けっこう雑に読んだので気をつけてください 多分どこか間違えてる

majorの前の他の大会の試合などはチームにとってどのようなことをもたらしたか、良かったか悪かったかについてFlyの考え

Fly:とても、とても良い助けになったと思う。色々なチームとのプレイ、プレッシャーやストレスなどの元でプレイすることは、チームの問題点についてや、学ぶべき必要なことを経験することができただろう。
これらの経験がなかったら優勝出来ていなかったと思う

公式な試合とscrimの違いとかについて

Fly:なんというか、際どい違いだと思うが、公式な場での試合はより現実的な、リアルな状況に置かれるという良さがあるだろう。scrimでは本当の本当に100%の本気になることができない。本人が100%のつもりでも、そうでないだろう。だから公式な場での試合はMajorのような場でプレイするための心構えなどを得ることが出来た。

SecretやC9などギリギリの戦いを乗り越えMajorを優勝したときのN0tailの気持ちは

Notail:正直なことをいうと、とても良い気持ちだった、うれしかった、すごい達成感だった。ただ同時に、まだまだ自分の潜在能力をすべて出し切れていないと感じた、まだまだ学べることがあると。

LowerBracketを勝ち抜いたことでOGに精神的な優位を得ることができたのか、critの考え

Crit:LowerBracketを勝ち抜く中で、得たアドバンテージはあっただろうと思う。Groupstageの中で悪かった部分を認識することが出来たし、またメインイベントに向けてそれを修正することができた。勝ち続けることで気持ちにも勢いをつけることが出来ただろうし、その中でプレイングについてもベストなやり方などを見つけることが出来た。そういった点でLowerBracketから始まったということは我々の助けとなっていたように感じる。
また、LowerBracketにいたことは、プレッシャーが少なくパフォーマンスを出しやすい状況で合っただろうとも思う。EHOMEに対する試合では彼らは圧力で少々崩れていたようにも思えるが、我々は落ち着いて、落ち着いて良いプレイができていたということが勝てた理由のひとつかもしれない。

S4がOGのドラフトはとても良い組み合わせのpickができていたと言っていた、グランドファイナルでさえも。それについて

Fly:Secretとの戦いは、ドラフト上ではこちらに大きな優位が合ったように感じる。我々のほうが大きなヒーロープールを持っていたように。あと彼らがBountyHunterやChenなどの彼らのニッチな強いpickを予想していたがそれらが見られなかったのは少し驚いた。どちらかというとfinalでは標準的なよくみられるヒーローで構成されていたように感じる。

N0tailは様々なミーポなど含むヒーローを使うことができる、彼の存在は我々にとって大きなアドバンテージだった。彼が使用するまでBrewmasterなんかはほとんど見なかっただろう。
Moonはとても攻撃的で、W33は本当に得意で快適に使用できるヒーローは少々足りていないと思っていた。w33がalchを使用するときは、我々は試合には勝てるだろうと考えていた、彼はalchを本当に快適に使用できることができていないと思っていたからだ。我々は我々が信じているヒーローのみをピックする。

EGに対しては準備していなかった

Fly:本当にEGに対する準備はできていなかった。時間がなさすぎた。前の日はギリギリまで試合していたし。

N0tail:ただ、MLGのときにでEGについてはかなり勉強していたので彼らとのマッチアップは個人的にはよく出来たと思っている。また、彼らのプレイングはMLGの頃と大きく変わっていなかったように思えることもあり、いい感じにできたのだろう。

N0tailの、チームにとって大事な人間関係などについての考え

N0tail:Dotaで、ゲーム外での一番大事なことだと思っている。チームは五人の個人で構成されているからだ。勝つためには互いに信頼し、そして互いに信頼するためにはお互いのことを好き(like)に思っていないといけない。ゲーム外にも勝利に必要なことはたくさんあり、ゲームが得意なだけではトーナメントのtop3に食い込むことは出来ないだろう。
このことはとても大事にしている、例えばmiracleについてだが、彼はとても個人の能力に長けており才能のあるプレイヤーだ、しかし彼の性格などといったことがらについて十分に知っていなければ、彼の才能をチームに十分に活かすことはできないだろうし、優勝といった結果に結びつくこともなかっただろう。このことはとても大切にしている。