dota2ウルトラお得情報

seirichuu http://150.95.137.1/dokuwiki/doku.php

esportsmagazineのfenrirの

さいきん

  • SLiLeagueがそろそろおわりそう

fenrirの

一週間くらいまえのやつ
chemistryはチームのシナジーとかチームワーク的な雰囲気をかもすことばですたぶん
shot callも声出しとか集団戦とかいろいろの指示を出す人って認識してるけど合ってるかどうかはわかりません

なんかちょこちょこ適当なので気をつけよう
もとの:http://www.liquiddota.com/forum/dota-2-general/507470-translation-interview-with-ehomefenrir

ehome入ってどう?チームの雰囲気とかchemistryとかどう

VGにくらべ全く新しい環境
chemistoryは全く問題でないし、雰囲気はいいよいいよ

なんでLanMを1番carryにしたん?

Lanmが彼自身の変化を求めたこと、そして我々も彼自身も彼のスキルを信じたこと

大会で声出し指揮するひとだれ

一応lanmかな。ゲーム序盤はcarryは喋ることあんまりない(あんまり喋ることないっていうことかも)、lasthitを取ることに注力していて。全体的に見ても大体lanmがよくshot callする

fyとのすごいペアを分かつことになったのはなぜ?脱退を矯正された?それとも自身で?

大きな理由はVGにいろいろたくさん問題が、解決しにくい問題があったこと、結果がふるわなかったこと。
それらを変えることは難しいと判断し、悪い環境となったので別れることを決めた

あたらしいVGどうおもう?

個人的な観点から、burningにはrotkみたいな人が必要だと思ってる。rotkはcalling shotがうまいことはみんな知ってるしそういう人。
それにsylarはすげーすごいcarryだしすごいいいrosterだと思う

rosterを締め切り後にかえるのどう思う

roster変更の時に、一番大事な観点はチームメイト間のシナジーだろうと考えている。
前のVGを例に上げると、webサイトとかそこらの評価ではとてもよいチームで多くの人々がよいと思っていた。
でも実際は我々のchemistryは良くなく、個々のスキルを限界まで出せていなかっただろうと思う。

でrosterを締め切り後に変えることについての話だけど、roster chemistoryの問題とかのほとんどはメンバーch返事から時間が立ってからでてくるからということがあるからだろう。

上海ではehome良くない結果だった、つぎはマニラメジャーだけどどの相手が倒すの辛い相手だとおもう?

すべての海外チームがそうなりうるだろうと思う。いまは中国チームのスキルは前までのように簡単にtop3にはいれるといった状態ではないからだ。
上海もそうだったし。だから中国でのトーナメントで結果がよかったとしても国際大会では通用するとは限らないとかどうとか

上海の結果はみんな旧正月が影響したといってるけどどうおもう

旧正月の影響は中国のチームが熱心に練習していなかったということ。
みんなリラックスしている状態から急に緊張した状態になるのは困難.

練習量は足りていなかった。前にVGにいたときころ中国のトレーニング環境は良くなかった。いくつかのチームは怠惰だったり、
そんなこんなでscrimするのが困難な状態だとか

MVPとehome戦ったらどっちに分があると思う

さいしょはMVPがアドバンテージとるだろうけど、その後我々は彼のプレイスタイルに適応し、comebackできるだろう

owari