dota2ウルトラお得情報

http://www.dotasexsex.com/dokuwiki/doku.php/start

ある記事に触発され、体感音声シリーズ「透鏡の怪談-赤い女-」を聞いたところ、恐怖と享楽の沼に溺れるのであった・・・

さいきん

WCGとかSUMMIT10とか細かい大会がちょびちょびあります。データは取るけど見ないかも・・・

コレを聞きました

www.dlsite.com
田舎で犯される話です 40分くらい

と、いうもの

ch.dlsite.com
この記事を読んで触発されたんですよね、そもそも僕は異形の存在にめちゃめちゃに犯されたい欲望を持っていたので、ホラーはおいといてすごい興味が惹かれたのです。

そうつまりスケベ目的。だがしかしこの作品の恐ろしさを身をもって知ることになった・・・

まじで怖い

この作品は主人公が語り部で一人称視点で進むのですが、立体音響のPOWERで怪異が発生するときの効果音とかヒタヒタカタカタした音が立体感とともに耳に流れてくるんですよね。

いつもならやさしい女の子に耳かきされたりエッチなお姉さんに耳な目されてアヘアヘいってるところですが、それをホラーで要素に使ってくるんですよね、メチャこえーんだこれが。いやまじで。近づいてくんのなんかやべーやつが、というかもうずっと近い。お前もうその距離即ハメだろって距離で恐怖感を煽ってくる。

それもふんだんに時間をかけてじっくりことこと恐怖を煮込んでくれます。あと純粋に先が気になるんですよね、こうホラーって。わかりません?ね?

急にガンガンに犯されると脳がバグる

もともと触発された記事にもありますが、恐怖と興奮は近い部分にあって恐怖で興奮が、興奮で恐怖がきてちんちんがバキバキになるっていう話ですが、ほんとにこれなんですよね。

半分くらいは僕が自分が逆立ちしても勝てない異形にどうしようもなく犯されたいという欲望を持っている、というところに準じているかもしれませんが、ガンガンにこわい所でじわじわ犯されると恐怖が興奮に転換されるんですよね。毒が裏返った!!

何がって最初はじんわり来るんですよね、なんていうか前戯を大事にしてくる、お前ほんまにバケモンか??ってそんなことはおいといて、この流れ、すごい興奮するんですよね。
こう絶対興奮しちゃだめな対象に甘い快楽を与えられ、じわじわと理性を溶かされる・・・あかん・・・あかんてこれ・・・って恐怖と快楽の境界線がグズグズになる。ほんとすごい感覚だ。

しかもちゃんと合間合間に恐怖要素をはさんでくれるんですよね、声がこわかったりして。甘いものとしょっぱいもので箸がすすみますね。で、この恐怖要素にすごい興奮するようになるんです。どっちがエロでどっちがホラーだ???脳みそがバカになってるのでそこの判断がクシャクシャになったまま、ガンガンに犯されていく・・・強い興奮と強い恐怖、なすすべもなく魂が汚されていくような感覚とかがまざり、なんかもうすごい感じになりました・・・ハッピーセットかよ・・・

みんなもきこう

こわいのがガチで苦手だったらあれですが、異形に犯されたい人にはとりあえずおすすめできます。バブルヘッドナースに犯されるエロ同人とか買ってるそこのお前のことやぞ!!!わかってんのか!!

とにかく不思議な感覚でした。怪談だし夏におすすめですね。